巻き尺の巻かれたフォークとナイフ

空腹感がない

スープを食べる女性

私達の感覚は脳の反応に左右されています。例えば怪我をしたとき緊張状態なら別のところに意識が集中しているので痛くないのですが、しばらくすれば痛みの方が勝ってやっと激痛が走るということはよくあることです。これは空腹感でも同じで、少しの量でも脳を誤魔化せることができれば十分に満足ができるようになります。ダイエットの際は摂取カロリーを制限することが第一条件なので、食事を少量にしなければいけません。カミングダイエットを使えば少量で摂食中枢を刺激して満足感を得られるので積極的に利用すべきです。

ダイエットをする際は本当の空腹と空腹感をしっかりと分けて考えることが大切になってきます。カミングダイエットはその点に注目して開発されています。空腹ではないのに空腹感を感じているとき、人間の脳では正しく空腹を感じることができていません。脳に糖分が十分流れ込んでいないと空腹感を感じますが、ダイエットの際はこの糖分を減らすことになるので空腹感を感じないように糖分を摂取することはできません。それをカミングダイエットでは「噛む」ことで摂食中枢を誤魔化すという方法で空腹感をなくしていく方法をとっているのです。カミングダイエットに含まれているカミングシートをよく噛んで食べると、脳の摂食中枢は「もう十分食べた」と勘違いします。いわば錯覚を利用しているのですが、これはダイエットには効果的な方法となります。